地震への強さが耐震住宅の真骨頂

耐震住宅には3種類あるその違いとは?

千葉県沖においてスロースリップ現象が連発しており、関東地方においても巨大地震への懸念が強まってきています。これから関東地方でマイホームを新築されるなら「耐震住宅」で建てられることを強くお勧めします。ひと口に耐震住宅と言っても、その機能により3つの種類に分かれます。それでは、以下にざっとその3つの種類についてご紹介します。
【耐震住宅】従来の柱を組み合わせた工法では、揺れの際にある部分に力が加わりやすく、倒壊のリスクが非常に高くなります。ツーバイフォー住宅のように、面で構成された工法ですと、揺れを面で支えるために、倒壊しにくい構造となるのです。
【免震住宅】基礎の部分に、積層ゴムなどで作られた免震装置を並べて、その上に住宅を建てるという工法です。免震装置が揺れを吸収して、強い揺れでも、中程度の揺れまで抑えられると言われています。
【制震住宅】柱自体に揺れのエネルギーを吸収する機構を取り付け、揺れのエネルギーを伝えない構造とした住宅です。近年では千葉県でも大きな地震が発生しており、それに限らず、大地震へのリスクが高まってきています。これからマイホームを新築される皆さんで、耐震住宅をお考えの方はぜひ、耐震住宅には上述の3つの種類があることを念頭において、ご検討なさって下さい。

家を建てるなら地震に強い耐震住宅!

これから千葉県でマイホームを購入しようと検討している方は、ぜひ耐震住宅を建てましょう。耐震住宅のメリットは、当たり前ですが地震から家を守れること。特に千葉県付近にはプレートが潜んでいるため、いつ直下型地震が起きてもおかしくない拠点です。地震は、一瞬で家財を奪うだけでなく、家族の命までも奪ってしまう大変恐ろしい天災です。万が一に備えて、ぜひ耐震住宅に住むことを考えてみてください。
すでに家を買ってしまった方や、これから耐震にできないか、と考えている方には、リフォームすることで耐震面を強化できるので、リフォームがおすすめです。リフォームであれば、建て替えることなく耐震面を強化できるので大規模工事になったり、大きな出費になったりする心配は不要。低コストで請け負ってくれるリフォーム会社もあるので、最低限の耐震を求める方にはベストかもしれません。
ですが、あまりにも安さを求めすぎて安全面をおろそかにしてはいけません。耐震住宅を建てる、またはリフォームをする会社を選ぶ際は、耐震に関する技術開発を研究してきたような会社を選んだり、必ず工事に入る前に耐震診断をして、必要な補強を診断してもらえるような会社を選びましょう。

Recommended News

耐震住宅で過ごす千葉の安心生活

どんなときでも安心安全な耐震住宅を建てよう 近年、日本全国どの場所でも自信が起こりうる危険性があります。次はこの辺りだと事前に予測されている場所もありますが、全く思ってもいなかったところで地震が起きているケースも少なくありません。地震は予測できませんし、こちらの状況を考えてはくれません。なので…

≫ もっと読む

自然災害への備えはまず耐震住宅です

これからのマイホームは耐震住宅を マイホームを建てたいとき、間取りやインテリアにこだわる人は多いのですが、耐震にこだわるというような人はどれほどいるでしょうか。千葉県にマイホームを建てるかたのなかには、マイホームを耐震住宅にと考えているような人も多いのではないでしょうか。 耐震住宅は、全…

≫ もっと読む

千葉の安心マイホームは耐震住宅

マイホームを建てるなら耐震住宅を 地震が多い日本に住んでいる限り、地震の被害に絶対に遭わないとは言えません。そのため、これからマイホームを建てる人は、耐震住宅に注目をしてみてはいかがでしょうか。千葉県には、地震に強い住まいというのが注目をされています。新居を建てるかたの多くが、耐震住宅を選ばれ…

≫ もっと読む

地震への強さが耐震住宅の真骨頂

耐震住宅には3種類あるその違いとは? 千葉県沖においてスロースリップ現象が連発しており、関東地方においても巨大地震への懸念が強まってきています。これから関東地方でマイホームを新築されるなら「耐震住宅」で建てられることを強くお勧めします。ひと口に耐震住宅と言っても、その機能により3つの種類に分か…

≫ もっと読む

Article List

2018年08月27日
耐震住宅で過ごす千葉の安心生活を更新。
2018年08月27日
自然災害への備えはまず耐震住宅ですを更新。
2018年08月27日
千葉の安心マイホームは耐震住宅を更新。
2018年08月27日
地震への強さが耐震住宅の真骨頂を更新。
ページトップへ